アロマセラピーとは

aroma_rakuda_logo.png

toiawase.png


芳香療法と訳され、アロマ(芳香)とテラピー(療法)を合わせた造語です。
植物の有効成分を凝縮した精油を使って行う自然療法です。
精油の種類によって、リラックス効果が高いものや鎮痛作用があるものなど、期待できる作用はさまざまです。
目的や症状に合わせて精油を選び、香りをかいだり、オイルを肌に塗ったりして体内に精油の成分を取り込み、人間が本来持っている自然治癒力を高めます。
心や体の不調を和らげ、健康や美容に役立てることが、アロマテラピーの目的です。

osusume.png